肌へのダメージが最小限に抑えられる

レーザー脱毛の肌へのダメージが小さい理由

レーザー脱毛とは、医療機関で施術を受ける永久脱毛なので、脱毛サロンの脱毛施術と比較すると、レーザーの出力レベルが高くなっています。そのためレーザー脱毛は、肌へのダメージが大きいのではと思っている人もいるかもしれません。

しかし実際は、レーザー脱毛は肌へのダメージが小さい脱毛方法です。なぜかというと、出力レベルが高いため、脱毛施術の時間が最短で、回数も個人差がありますが5~6回も通えばもうムダ毛は生えてきません。短い時間、少ない回数で脱毛施術が完了するため、肌へのダメージが小さいと言えます。

さらにレーザー脱毛は、医療機関でないと脱毛施術が受けられません。つまり設備が整い、皮膚の専門家である医師や医師のサポートを行う看護師も国家資格を取得している医療のプロです。専門知識と技術を持ったスタッフが脱毛施術を行ってくれるため、肌へのダメージは小さくなります。

レーザー脱毛機器が高性能

そして、レーザー脱毛が肌へのダメージが小さい理由は、レーザー脱毛機器が高性能だからです。医療機関だからこそ、設備にお金をかける事が出来、最新の肌のダメージが少ないレーザー脱毛機器を導入しています。脱毛機器業界は、従来は海外製品が多かったのですが、白人の肌と黒人の肌、そして日本人の肌ではそれぞれ異なります。

そのため近年は、国産で日本人の肌に合う脱毛機器が開発されています。日本人の肌に合わせて開発されているため、脱毛施術を受けた後の肌へのダメージを最小限に抑える事が可能になりました。

レーザー脱毛は、脱毛施術時に痛みを伴い、肌へのダメージも大きいと思っている人がいるかもしれません。しかしそれは昔のイメージで、現在は脱毛機器が進化した事で、痛みはかなり軽減し、肌へのダメージも小さくなっているので、安心してレーザー脱毛の施術を受ける事が出来ます。

顔のレーザー脱毛にはたくさんのメリットがあります。剃ったり抜いたりなどの自己処理が不要になる、ムダ毛の黒さが無くなり顔色が明るくなる、毛穴が目立たなくなるなどがそれにあたります。