痛みを伴わない

痛かったのは昔の話?!

医療レーザー脱毛は痛いと言うのが定説でしたが、最近は痛くないレーザー脱毛も増えてきています。痛みが少しでも軽減されるようにと配慮しているのはもちろんですが、利用している機器の性能も向上しているのです。従来のレーザー脱毛の場合は毛根に熱を届かせるような施術でしたが、使う機器によっては毛包をターゲットとして弱い熱を加えてじわじわと破壊していくので、皮膚の感じる痛みや肌への影響を軽減していくのです。クリニックによって施術の際に利用している機器は違うので、料金プランだけを見るのではなくて、一度施術の機器にも注目してみて下さい。痛みがないとその分だけスムーズに施術ができるので、抵抗なく通い続けられるでしょう。

痛いと思ったら伝えましょう

痛みのない機器を使ってのレーザー脱毛も増えつつありますが、それでも痛みの感じ方には個人差があるので、痛いときには痛いものです。脇などの狭い範囲であれば比較的すぐに終わりますが、全身脱毛などで広範囲で耐えられないと思うときにはスタッフに伝えましょう。出力を下げることもあれば、別途料金は必要になりますが、麻酔を使うという手もあります。出力を下げるとその分効果自体が弱まるのであまりおすすめはできませんが、できないわけではないと覚えておきましょう。痛み止めを事前に飲んでくるようにというクリニックもあるので、痛みが苦手な方は無理をせず無料のカウンセリングのときに対策方法も合わせて聞いておくと通いやすくなります。

レーザー脱毛を池袋で選ぶときは、範囲のチェックが大切です。全身脱毛の範囲はクリニックによって違います。顔やVIOなどのセンシティブな部位は、全身脱毛に含まれていないこともあるため注意しましょう。