治療に要する時間

ワキ脱毛にかかる時間

医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素のみに反応するレーザーを照射することで毛を再生させる組織を破壊する脱毛方法です。医師のもとで施術を受けられるために肌へのダメージが少なく、誰もが安心して脱毛が行えるという魅力があります。レーザー脱毛の最大の特徴は、サロンの光脱毛と比べて、施術時間が短いことです。そもそもレーザーは高出力なので、女性から人気のある両ワキ脱毛の場合、平均5分から10分という短い時間で施術が終わります。ただレーザーは高出力なので、施術後は肌トラブルを防ぐためのクールダウンの時間が必要となります。ただし、近頃では肌を冷却しながら施術を行える脱毛機器も浸透しているので、その場合はさらに時間短縮が可能です。

施術時間を短くするには

全身脱毛のためにクリニックでレーザー治療を受けているという女性は少なくありません。脇や二の腕、脚などをきれいにお手入れすれば、自己処理に煩わされることがなくなります。ただ全身脱毛にかかる時間は、クリニックによって大きく異なるのが特徴です。一時間以内で施術が終わるクリニックもあれば、2時間近くかかるクリニックもあるからです。少しでも施術時間を短くしたいならば、ジェルを使わないクリニックを選ぶようにすると良いでしょう。レーザーから肌を保護するために、施術前にジェルを塗布するクリニックは多いです。ただジェルを使用する場合、塗付したり拭き取ったりするのにかなり時間が掛かってしまいます。よって、できるだけ施術時間を短縮したい方はジェルを使用していないクリニックを選びましょう。

レーザー脱毛を新宿で選ぶと、部位別の脱毛と全身脱毛で悩んでしまう方もいます。ムダ毛が濃い方は脱毛した部位と脱毛していない部位の違いが気になり、他の部位も脱毛したくなる方が少なくありません。